[Dialogflow]JSでダイアログフローを動かしてみる

JavaScriptでダイアログフローを動かしてみたいと思います!

手順

まずは、インテントを作ります。

「Greating」というインテントを作成しました!「Training phrases」にサンプル発話を登録。

次に、重要ポイントとして、「Responses」には何も書かないことです。その次のタブにある「Fulfillment」のウェブホックを有効にするという箇所を「有効」にしてください。

Fullfillmentでコードを書く

メニューから「Fullfillment」を開き、Inline Editorを「有効」にします。すると、プログラムを書ける画面が表示されますので、ここにコーデイングしていきます。

JSファイルの一番下に記載されている以下の場所に、「intentMap.set(‘Intent名’, ファンクション名 );」を書く。

以下のようにファンクションを追記。

コードを書くのは、上記2つだけでOK。あとは「Save」ボタンを押します。しばらく待って試してみてください。「はじめまして」と入力してみると、「初めまして。Dialogflowです」という返答がかえってきました。

 

フリーランスエンジニア登録するならココ

フリーランスエンジニア目指すならまずは「ポテパン」に登録してみよう!
ITエンジニアの無料カウンセリング【ポテパンフリーランス】

プロのIT技術コンサルタントが話を聞いてくれるので、フリーランスとして初めて働く方からベテランの方まで、様々なレベルの方に合わせてお仕事を紹介してくれます!気軽に相談できるのでおすすめ。

実は私もこの前無料カウンセリングに行ってきました。まだOLしてますが、いつかはフリーで働きたい。また、プログラミング歴半年(Rubyだけ)で無謀だと思いますが、仕事ありますか?と聞いてみました!

すると、ご丁寧に

30代は少し厳しくなってきますが、Ruby以外に、HTML、CSS、JSは最低身につけておいた方が良いとアドバイスをいただきました!それと、プログラム書いてなかったらすぐ忘れるので、とにかく勉強だけは継続しておくようにとご丁寧にアドバイスをいただきました!

2019年中には土日とかでプログラマーのお仕事ゲットしたいなぁ。。。

関連記事

[Dialogflow]計算ボットを作ってみた

[Dialogflow]ダイアログフローでハローワールド