[flutter]実機でデバッグする方法

flutterで作成したアプリはシミュレーターでも動作検証はできますが、やはり実機でも確認してみたいですよね。そこで今回は私のiPhone8Plusで実機デバッグを行ってみたいと思います!

もっと簡単な実機検証(Android編)はこちら

もっと簡単な実機検証(iOS編)はこちら

実機でビルドする

VS Codeで作成しているプロジェクトを実機にビルドしてみます!

Step1:

VS Codeのターミナルを開く>以下のコードを実行

$ flutter build ios

※Androidの場合、「ios」-> 「apk」に変更して実行する

 

Step2:

接続されているデバイスを確認するために、以下のコマンドを実行する。

$ flutter devices

複数あると、

2 connected devices:

iPhone • 52q0xx71XXX8c1f9 • ios • iOS 12.2
iPhone Xʀ • FC2345D15-06Fr-XXX-Baw97-XXXX • ios • com.apple.CoreSimulator.SimRuntime.iOS-12-2 (simulator)

 

上記のように表示されます。

ハイライト部分がデバイスのIDになるので、あとでインストール時に必要になります。

 

Step3:

実機にflutterをインストールします。

Step2で確認したデバイスで今回は「iPhone」で検証したいのでIDは「52q0xx71XXX8c1f9」を使用します。頭文字の「5」を入力するだけでインストールできます!

$ flutter install -d 5

これで実機を見てみるとflutterアイコンが表示されていると思いますので実機テストしてみてください♪

まとめ

意外と簡単でしたね。AndroidもStep1の部分を少し変えるだけなので簡単ですね。ぜひ試してみてください♪

もっと簡単な実機検証(Android編)はこちら

もっと簡単な実機検証(iOS編)はこちら

34歳から始めるオンライン学習

【Web開発初心者向け!】Web開発入門完全攻略 充実の18時間コース

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース

関連記事

[Flutter]実機でデバッグしてみる(Android編)

[Flutter]縦棒&横棒グラフ(チャート)

[Flutter]DrawerのリストとTabを連携させる方法

Progate(プロゲート)完了したら何したらいい?

[Flutter]実機で検証する方法(iOS編)

[Flutter]棒グラフ作ってみる